倉庫のカメラ設置例

倉庫に設置する場合防犯という役割ももちろんございますが、在庫の管理といった業務に直接かかわる役割もございます。
重い物や持ち運びにくいものもあり、ケガや疲労で倒れたり従業員の安全確認をする上でもカメラの設置は欠かせません。
天井が高いところや死角が数多くございますので、映像を確認しながら設置することをおすすめします。


倉庫のカメラ設置例

倉庫のカメラ設置例

倉庫設置例

カメラ仕様 AHD屋外用ボックスカメラ
(200万画素) 10台
レコーダー仕様 AHD16chレコーダー 1台
価格 398,000円〜
(税込、施工費用込み)

倉庫の防犯カメラ設置のメリット・デメリット

メリット

広い倉庫の場合、人の目が届きにくいので大人数を監視する上でカメラの設置は非常に大切です。
人の動きや作業が停滞しているところも確認できるので、業務活性化を図ることも可能。
重いものや持ちにくいものを運んだりするので、ケガや疲労による体調不良、熱中症が起こる可能性もあります。
防犯カメラがありますと、そういった事態にいち早く気付くことが可能です。

デメリット

倉庫の規模にもよりますが、大規模システムの場合安価なAHDカメラの使用は難しく、
AHDよりも若干高価なIPカメラを使用することになる可能性もございます。
どうしても死角になる部分はあるので、人の目でしっかりと監視する必要もあります。

お見積は無料で承ります。
お気軽にお問合せ下さい。
防犯・監視カメラを最安値でご提供させていただいております。
042-400-0319 月〜金曜日 9:00〜18:00 定休日 土・日・祝日(工事などは可能)
お問い合わせ